西和人一級建築士事務所

第18回木材活用コンクール

31. march. 2015

木材活用コンクールという建築コンクールで、「木の下のマテリアル」が「木材活用特別賞」を受賞したとの連絡が先日入りました。

 

受賞者の顔ぶれを見ると今から緊張してしまいますが、懇親会もあるそうなので、授賞式がとても楽しみです!

 

木材活用コンクール

 

 

 

 

 

 

第71回現代美術展

30. march. 2015

趣味として書道を10年近く続けています。

造形感覚を磨くために!と始めましたがなかなかこれが面白くどっぷりはまってしまいました。

 

先週末より、「現代美術展」が21世紀美術館と、県立美術館で開催されています。

 

その中の「書」の部門で、応募した作品が入選し、今、県立美術館に展示されています。

 

4/14まで開催されていますので近くに寄られた方は是非是非お立ち寄り下さい^^!

 

 

 

コミュニケーションの大切さ

25. march. 2015

建築を建てる事はものすごく大変な作業です。

 

小さな住宅であれ、大きな施設であれ、程度の差はありますが、規模に関係なくその大変さは押し寄せてきます。

 

空間に悩んだり予算に苦しめられたり、、将来を夢見てみなさん必死です。

 

こちら側もその想いに答えようと必死です笑

 

その中で、大学を卒業して設計業にたずさわり、たくさんの建築を建てようと計画をしている方々を見てきましたが、そんな方々にも2通りのタイプがいる事が分かってきました。

 

それは、建築を建てる行為、将来を空想する行為を楽しめた方々とそうでなかった方々です。

 

これは決定的にタイプが分かれます。

そして確信的に、楽しめた方には確実にその人らしい素晴らしい建物が残っていきます。(大概の方はもちろんこちら側です。)

 

では、楽しめた方々とはどのような人たちの事を言うのでしょうか?

それは単に楽観的な人達という訳ではありません。

楽しめると言ってもたくさんたくさん悩んでいます。

ただ、悩んでいる中でも、お願いした設計士や施工会社さんを十分に信頼して良くコミュニケートし意見を出し合い、喜怒哀楽を共に共感していける方々、問題が発生したとしても感情的にならず、十分な落としどころを一緒に探していける方々がうまくいくケースが多い気がします。

 

逆にうまくいかないケースとしてはやはりコミュニケート不足や信頼性の欠如による失敗が多い気がします。

 

施主側も設計側も施工側も人間ですので的を外してしまう事もあります。

ただ、何度も何度も対話し、意思疎通を繰り返す事で理想の建物に近づいていけるのだと僕は心から信じています。

 

コミュニケーションの大切さは日常生活でも日々感じるところですが、何はともあれ、自分が少しでもたずさわった建築、お客様には後悔が無いように十分に話し合い、満足していただきたいのです。

 

そして個人的には、建築を通し、素晴らしい人間関係と、そして良い建築を1つでも多くいていきたいのです。

 

建築家展

20. march. 2015

明日から2日間ASJ加賀の国スタジオさん主催の建築家展に参加します。
様々な建築家と話ができる良い機会ですので是非ご来場下さい。

 

 

イベント詳細

 

改修

10. march. 2015

今行っている改修の現場です。

 

 

老夫婦の住む住宅の1室をリノベーションする計画です。

最近は新築もありますが改修の相談を受ける数が増えてきました。

今ある物を上手に使い、且つ新築よりも建築コストをぐっと抑えられるリノベーションは今の時代人気があるのかもしれません。

考えようによっては新築では出せない味わいや面白い新たな価値を生み出せる改修計画は僕も大好きです。

 

今はもう使っていない蔵や住宅、はたまた、開かずの間と化している1室はございませんか?

 

もしお困りの空間がありましたら是非ご相談下さい。

 

写真

3. march. 2015

建築家さんは総じてカメラが好きな人が多いです。

僕も負けじとカメラが好きです。

愛用しているのはcanonのEOS60D。レンズも気に入った建築物を最大限収められるようEF-S10-22mmF3.5-4.5USMの広角レンズををよく使っています。

自分の建てた建物も想いをまっすぐに表現できるよう、可能な限り人に頼まず、自分で撮るよう心がけています。

 

先日友人と訪れた旅行先で素晴らしい風景に出会いました。

堂々とそびえ立つガジュマルの木です。

 

自然空間の持つ大迫力に圧倒されながらも渾身の1枚。

 

 

これから少しずつでも、自分で撮った写真を練習の意味も込めてblog上で紹介していければと思っています。