西和人一級建築士事務所

本部町のホテル

13. october. 2019

7月に引き渡した本部町のホテルへ。コンパクトな客室ですが、
全18室の客室からはサンセット、オーシャンビューが眺められます。
外に見えるのは瀬底島。
客入りも順調のようで一安心。

瀬底島に限らず、美ら海水族館、名護に観光の方はお声かけくださいませ。

 

棟上げ

29. august. 2019

ここ2ヶ月ほどで5棟の棟上げがありました。

 

 

 

 

 

 

300㎡を超える比較的大きな住宅から小さな東屋まで、スケールも立地も目指すところもバラバラですが、総じて建築は、計画しだしてから完成までがとても時間のかかる産物です。

 

1番小さく、特に変哲もなさそうな東屋は、声がかかってからかれこれ2年を超える月日が流れました。

これからまた2年がかりで公園が整備されていきます。

 

様々な課題が付きまとい、多くの方々と話し合い、大変であればあるほど建ち上がると愛おしく、思い入れが強くなっていく気がします。

 

規模や華やかさだけの問題ではなく、人々に幸せを持って受け入れられる建築づくりが大切ですね。

 

ポツポツとまた棟上げ予定の物件がありますが、慌てて混乱せぬよう、コツコツと整理しながら進めていかないと。

安藤忠雄 初期建築原図展−個の自立と対話

13. august. 2019

随分久しぶりの投稿ですが。。

様々な現場が現在進行中ですので少しずつアップして行きますね。

先週ちょっと早いお盆休みを兼ね「安藤忠雄 初期建築原図展−個の自立と対話」を見に国立近現代建築資料館へ行ってきました。
「住吉の長屋」「六甲の集合住宅」「光の教会」等の安藤忠雄さんの初期の頃の原図の作品展です。
世界で最も著名な建築家の1人として称される安藤さんですが「初期」ということで住宅や国内での仕事が中心の展覧会です。
平面図に断面図、透視図やアクソメが重ね合わせられた3次元性を高めた図面からは、強烈な緊張感を持って仕事に取り組んできた形跡が読み取れます。
「都市ゲリラ住居」を掲げ、必死に社会に対し、対話と反発を繰り広げてきた戦いの戦歴が、精緻で美しい制度を持って図面に刻まれているのか。

彼の自伝「建築家 安藤忠雄」にはこう書かれています。「現実の社会で、本気で理想を追い求めようとすれば必ず社会と衝突する。大抵、自分の思うようにはいかず、連戦連敗の日々を送ることになるだろう。それでも挑戦し続けるのが、建築家という生き方だ。」

安藤さんの真骨頂は住宅建築やTIMEsのような小中規模の建築だと個人的には思えます。幾何学で規制された線、小さな空間の中に鋭い光を室内に呼び込む力はまさに彼の図抜けた設計力。プログラムが複雑で、小規模であればあるほど計画のキレが研ぎ澄まされているように感じます。
安藤さんの作品に「城戸崎邸」という多世代住宅があります。
なけなしのお金で彼の作品集を買い、日が明けるまで「城戸崎邸」の図面をトレースしていたのを覚えています。書き、目で追い、空間を想像すればするほど愕然とさせられました。
安藤さんと聞いてもふーんって思っていたけれどもこの住宅をもって安藤さんのファンにさせられました。
そして今回の展覧会では、その設計図の原図が目の前にあるのです。

今でも自分が建築をやっている一要因は安藤さんの影響も必ずあります。

同じようなことは決してできませんが、精神や思考、建築に対する姿勢は参考にしながら、建築の設計を通しこれからも自分なりに、様々な方と楽しく向上していけたらなと強く感じました。

 

 

 

中国でのプロジェクト

13. may. 2019

現在、中国は海南島でプロジェクトの方進めています。

大きな複合施設の中の、これまた大きなテナントの計画です。

日本とはもちろん勝手が違い色々と面食らうことは多いですし、悪戦苦闘することも多いですが、とても鍛えられ楽しいです。

 

 

 

建築九州賞

12. march. 2019

沖縄に建てた住宅が第12回建築九州賞の「奨励作品」に選ばれました。

この住宅のおかげで今につながる様々な活動の広がりにつながっています。
施主様には感謝が尽きません。
そして、出張ばかりで寂しい思いをさせている家族にも、心から感謝しています。

「奨励」→「もっと頑張りなさい!」ということなのかも知れませんが、慌てずコツコツ、マイペースでこれからも励んでいけたらなと思っています。

 

講演

5. march. 2019

人前で話すことも少しずつ慣れてきました。

 

講演依頼もお待ちしています。建築や地域づくりが専門分野になってきますが特に決まったテーマは決めてはいません。

 

一緒に考えながら作り上げていけたらと思っています。

 

 

イベント

2. march. 2019

大切な仲間達と企画してきた大きなイベントがこの3日間で一気に、無事、終わりました。
周りを見渡すととても優秀で、良いメンバーに囲まれているなと改めて、心から思います。
感謝、感謝です。

 

#建築士会連合会#全国青年委員長会議#東海北陸
#能美市商工会青年部#地域絆#大納会#書道

 

 

中間検査

5. february. 2019

現在建築中のホテルの現場です。

 

無事中間検査も終わりほっと一息です。

 

 

日本建築士会連合会

1. january. 2019

昨年の4月より、所属しています「建築士会」で「日本建築士会連合会」の青年委員として出向しています。連合会のメンバーは全国を7ブロックに分けその代表者7名+委員長、副委員長の計11名で構成されています。
僕は「東海北陸ブロック」9県の代表です。

 

何人の建築士の代表になっているか、考えるとゾッとしますが、責任感は持ちながらも気負いすぎずに楽しく活動に取り組んでいます。
メンバーもさすが全国から集まるだけあって個性的で刺激的な方々ばかりです。

良い形で自分の成長につながっていくと嬉しいです。

 

 

最終授業

21. december. 2018

今週で授業も終わりです。今年最後の課題で1年生の生徒たちが作ってきてくれた模型群。入学当初、手に負えるかなってくらい元気だった生徒たちも最後にはしっかり皆の前で話し、プレゼンテーションできていました。
僕もこれは負けたな〜と思える案もチラホラ見受けられました。
叱ることもありますが、生徒たちが少しずつ成長していく過程を見ていくのは大変ですが、楽しいです。
自信を持って2年生に届けられるよう、もう少し、3月まで、また頑張ります。

とりあえず今年はみんな、お疲れ様でした。